割り切った関係が作れなければセフレは作らない方が無難

セフレの定義としては、「恋愛感情がなく、身体だけのつながりだけを求めるもの」というものが大前提にあります。
セフレが欲しいと思っている人は、相手と一線を引いて付き合う必要があり、相手が自分を特別な存在だと覚えてもらいたい、人を独占したい、と考えている人にはセフレの関係は向いてないかもしれません。

セフレは割り切れる関係を作れる人が作るもの

セフレと聞いてどんな印象を受けるでしょうか?「羨ましい」、「自分も欲しい」とプラスの思考で考えられる人はセフレを作ってもそう悪いことにはならないでしょう。
しかし、「誠実ではない」、「相手に失礼」などとマイナスに考えてしまう場合はセフレを作る、セフレになるという関係は向いていないでしょう。
と言うのも、セフレと言うのは大体割り切った気持ちがないとできないものです。
よく聞かれるのは、男女のどちらか片方はセフレ関係だと思っていても、もう片方はそうは思ってなく、そこで諍いが起きてしまうというもの。
そうしてしまうと、お互いにストレスが溜まってしまうばかりではなく、トラブルが起こってしまう可能性だってあります。
よく聞く男女のもつれもそこが発端になってしまうことがほとんどですので、相手を特別視してしまう、という時はセフレの関係には向いてないですね。


軽い気持ちでセフレを作る

男女の関係を表すのに、「軽い気持ち」なんて言ってしまうと、反感を買ってしまうかもしれませんが、しかし、性的な衝動はどうしても我慢をすることができません。
それに、最近では男女に関するトラブルが増えてきて、付き合う、となった場合面倒に感じてしまうのもおかしくないようです。
そのため、セフレと言う関係を求める人が多いのです。
セフレを真剣に、なんていうと笑われてしまいます。
あなたは恋愛がしたいのか、もしくはセックスを楽しみたいのか、それをはっきりとしておくことで自分がセフレを作るのに適しているかいないのかを簡単に判断することができますので、セフレを作りたいと考える前にもう一度考えてみると良いでしょう。