セフレの定義を考えてみよう

- セフレの定義はよく分からない人に読んで欲しい

セフレの定義はよく分からない人に読んで欲しい

彼女を作りたい、なんてことは学生の頃から思っていることでしょう。
最近はテレビやインターネット、ゲームなどいろいろな媒体で、男女の付き合いを目にすることができますので、自分もその主人公のようになりたいと考えることがあっても不思議なことではありません。
しかし、「セフレ」という言葉を聞いて違和感を覚える人もいるでしょう。
そもそも、セフレとはどういった存在なのか、どうやって手に入れるのか、などなど、まずはセフレの知識を蓄えていきましょう。


恋人関係は結ばない

セフレは、言葉の通り「セックス・フレンド」の略語です。
そのままの意味で捉えるならば、セックスをするだけの友達、です。
意味合いとしては大体の人がこうやってとらえていると思いますが、ここから個人によって細分化されてきます。
たとえば、セフレと本命の恋人がいるのはOKという人もいますし、セフレは一人だけ、と言う人もいます。
人の数だけ解釈があり、「絶対にこれです」と言い切ることができないのが、セフレです。
いまいちふわふわとした状態なので、自分の考えをはっきりしておかなければ思わぬトラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

自分が理想とするセフレの関係とは?

あなたはセフレに何をもとめていますか?通常、恋人関係となれば、結婚をゴールに付き合いを続けていくと思いますが、セフレになれば話は変わってきます。
多くの人はセフレから恋人関係にはなれないと思っているようですが、厳密に言えばそんなことはありません。
付き合う・付き合わないは個人の自由ですので、まずは身体の関係、そして、自分たちの相性を確かめてから恋人になる・ならないを決めたと思えば何も変なことではありませんよね?しかし、セフレを持っていたという事実は変わらず、恋人として付き合い始めると気持ちが冷めたり他のセフレと手を切らなければいけなくなるという事をしなければいけません。
これはセフレMasterに聞くと(もちろん、相手がそれでもいいと言うのであれば別ですが)いろいろと面倒なことが重なってしまいますが、それでも相手と一緒に居たいのであれば、自分たちの好きなようにすればいい話です。
しかし、セフレを作りたい、恋人はいらないと思っている人たちは、そのような人間関係のゴタゴタが面倒だから、セフレを作る、という人がほとんどですので、大きな出会いの期待を持ってセフレを作るということは考えないようにしましょう。
特に女性の場合は完全に割り切ることができない傾向にありますので、注意が必要ですセフレとしての関係を結んだ以上、初めにお互いがそれ以上の一線を越えないということを確認し合うのが大切です。